馬券成績のごまかしや偽装を完全ゼロにするために・・・

お知らせ

このたび日本最大級の競馬情報ポータルサイト「レジまぐ」さんで無料メルマガと有料メルマガを新規発行しました。

既にレジまぐさんを利用している方もいると思いますが、レジまぐさんの有料メルマガの配信システムは、配信した買い目の的中率や回収率などの数値を一切ごまかせない仕組みになっていて、健全に競馬情報コンテンツを配信している人間にとっては、非常にありがたいシステムを提供してくださっています。

以下はレジまぐさんのサイトポリシーからの抜粋です。

競馬のレジまぐが、他の予想サイトより優れており、大勢の競馬ファンに支持されている大きなポイントは、なんといっても公開されている数字の信ぴょう性にあります。

ネットを検索していると、きっと見たことがあると思いますが、「的中」や「回収率」を、本当は当たっていないのに、運営サイトが勝手に載せていて、誰もその信ぴょう性を担保していないあやしい競馬予想サイトが世の中にはたくさん存在しており、苦い思いをされた方も少なくないことでしょう。

競馬のレジまぐでは、各予想家が、予想登録時に、レジまぐのシステムを使って、予想を入力します。的中判定や、的中率、回収率などの計算は、レース終了直後に、レジまぐのシステムが自動的に判定し、集計までおこなっているため、公開されている数字は、全て、実際に配信された予想であり、数字の信ぴょう性は、レジまぐのシステムが担保しています。配信後に情報を書き直すこともできないことから、購読者の皆さんには、正確で公正な数値のもと、安心して予想を選び、ご購入いただくことができるようになっています。

強者揃いの予想家の中で、大勢の読者に支持されている予想が一目でわかるランキングも整備されていますので、是非、ゆっくりと、自分好みの予想商品を探されて見てはいかがでしょうか。

KEIBARSのサイトコンセプトは、こちらの対談音声の中でも話したとおり、よくある「有料予想の配信」ではありません。

しかしながら、これから馬券攻略講座などを配信していくにあたって、やはり僕たち自身の実績も同時に示していかないと全く説得力がありません。

当初、個人的に買った馬券を後からサイト上にアップして成績を公開していこうと考えましたが、正直そのやり方ではいくらでもごまかしや偽装ができてしまうので、レジまぐさんのように信ぴょう性が担保され、正真正銘偽りのない成績が公開できる場所を利用したほうが良いと判断するに至ったわけです。

もちろんその分僕たち自身もプレッシャーはバリバリあります。

馬券講座で偉そうなことを話してて馬券成績はさっぱり・・・では、かなりダサいですからね(苦笑)

KEIBARSのコンセプトは、読者の皆さんが「独自の馬券攻略法」を自分自身の力で作り上げていくために必要な材料やヒントを提供していくことです。

そして、まずは年間回収率100%(収支トントン)を目指し、そこからさらに100%以上を目指していきながら、みんなでもっともっと競馬を楽しいものにしていく・・・

このコンセプトを実現させるために、僕たちも言葉だけではなく実績を示しながら説得力を高めていく努力が必要であると思ったわけです。

僕も複数の競馬情報メルマガを読んでいますが、明らかに結果を偽装しているのがバレバレの競馬予想業者が多いです。

そんな輩と同類に見られないよう、偽りのない成績を公開するためにレジまぐさんの有料メルマガをスタートしたわけです。

ゆえに、読者は0人でも全然OKなんです^^;

※ただし無料メルマガのほうはぜひ購読してほしいです。

もちろん、やるからには年間回収率100%オーバーを目指してがんばっていきます^^

無料メルマガも有料メルマガも月明け12月2日開催分より配信スタートしますので、ぜひ定期的に結果をチェックしてみてくださいね。

KEIBARS 武蔵


PS.
実はレジまぐさんを利用する理由がもうひとつあります。それは有料メルマガで配信する買い目が好成績なら、レジまぐさんが広告で拡散してくれ、KEIBARSの存在が多くの人の目にとまるからです。これはぶっちゃけ「売名目的」ですね(苦笑)

PPS.
レジまぐさんから発行している無料メルマガと有料メルマガの内容はこちらのページで確認できます。

PPS.
以下のYouTubeにアップしている動画は、ネット上に多く存在している競馬ユーチューバー・ブロガーについて、お酒を飲みながら語った対談音声です。今回の記事に関連した対談音声になっていますので、ぜひお聴きください。

数字にこだわる男達の馬券攻略講座

普段から数字・確率にこだわっている株式トレーダーと
経営コンサルタントが考える馬券攻略理論を公開します

馬券攻略講座を購読する(無料)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。