なかなか転がらない(成功しない)

単勝転がし(単コロ)や複勝転がし(複コロ)は

もはや時代遅れである・・・

 

 

 

 

一般的な転がし馬券戦略は
あちら立てればこちら立たず

 

 

転がしとは、的中して払い戻しがあった全額(またはその何割か)を、次のレース、そしてまた次のレースへと投下していき、雪だるま式に資金を増大させていく方法です。

 

たとえば、馬券の最低配当である1.1倍の馬券で転がしを実行した場合、以下のように、10レース連続で転がしが成功すれば、資金は約2.59倍まで膨れ上がります。

 

<元手10,000円スタート>

ターゲット:1.1倍(回収率110%)の馬券

01回目の的中:11,000円

02回連続的中:12,100円

03回連続的中:13,310円

04回連続的中:14,640円

05回連続的中:16,100円

06回連続的中:17,710円

07回連続的中:19,480円

08回連続的中:21,420円

09回連続的中:23,560円

10回連続的中:25,910円

 

1.1倍のレベルというのは競馬専門誌やスポーツ新聞各紙がこぞって◎印をつける鉄板級扱いされている馬の単勝馬券または複勝馬券(複勝の場合はまれに超過剰人気で1.0倍の元返しになるケースもある)ですから、普通に10レースくらいは連続的中するのでは?と思われるかもしれません。

 

しかし、以下のデータを見てもわかるように、1.1倍の複勝馬券の出現率(的中率)は73.3%ですから、10レース連続で的中させるのは現実問題かなり難しいことです。

※データは2019年度全レースの集計です。

 

 

転がしにチャレンジした経験がある方なら実感されていることと思いますが、鉄板馬をターゲットにした転がしでは、連続的中は頻繁にあるものの、オッズが低いため資金はなかなか膨らみません。

 

逆にオッズの高いところ(2倍以上)をターゲットにした転がしではどうでしょう?

先ほどと同じようにシミュレーションしてみましょう。

 

<元手10,000円スタート>

ターゲット:2.0倍(回収率200%)の馬券

01回目の的中:20,000円

02回連続的中:40,000円

03回連続的中:80,000円

04回連続的中:160,000円

05回連続的中:320,000円

06回連続的中:640,000円

07回連続的中:1,280,000円

08回連続的中:2,560,000円

09回連続的中:5,120,000円

10回連続的中:10,240,000円

 

仮に、2倍の馬券で10回連続で転がしが成功した場合、資金は1024倍まで膨れ上がり、1万円の元手が1024万円まで膨れ上がります。

 

文字どおり、倍々ゲームで資金が増えていくので、めちゃくちゃ夢があるシミュレートだと思いますが、残念ながらこれは机上の空論であり、非現実的な夢物語でしかありません。

 

現実問題、2倍以上のオッズがつく複勝馬券の的中率は、以下の集計データを見ても分かるように、28.8%ですから、これだと2回連続的中ですら難しいのです。

 

 

確かに、運良く連続で的中すれば資金は一気に膨らみますが、的中率が低いところを狙っているため、なかなか連続的中は望めません。

 

まさに「あちら立てれば、こちら立たず」というやつです。

 

つまり、的中率を高めようと思えば、必然的に配当(オッズ)は低くなり、狙う配当(オッズ)を高めようと思えば、必然的に的中率は低くなるということです。

 

 

 

転がしの成功率を計算する方法

 

 

転がしの成功率は下記の計算式で導き出すことができます。

 

転がし成功率 = (的中率 × 的中率 × 的中率 ・・・)×100

※(カッコ)内で求めたい回数分だけ的中率を掛ける

例)10回連続の的中確率を求める場合の計算式(オッズ1.1倍:的中確率73.3%の場合)

(0.733×0.733×0.733×0.733×0.733×0.733×0.733×0.733×0.733×0.733)×100となる。

 

たとえば、先ほど例にあげた1.1倍の馬券(回収率110%)をターゲットにした場合、2回連続で的中する確率は、(0.733×0.733)×100 = 53.72%となります。

※73.3%なので(カッコ)内の数字は0.733として計算する

 

もうひとつ、先ほど例にあげた2倍の馬券(回収率200%)をターゲットにした場合、2回連続で的中する確率は、(0.288×0.288)×100 = 8.29%となります。

※28.8%なので(カッコ)内の数字は0.288として計算する

 

これらを見た時、1.1倍の馬券なら2回連続的中はいけそうだけど、2倍以上の馬券で2回連続的中はかなり難しそうだと感じたかと思います。

 

参考に1.1倍の馬券と2倍以上の馬券を狙った場合の、連続的中確率を計算した表を載せておきます。

 

 

これはあくまでも統計上の理論値となりますが、この表を見ても分かるとおり、1.1倍の馬券を10回連続で的中させることができる確率の理論値は、わずか4.4%

 

2倍の馬券にいたっては、5回連続で的中させることができる確率の理論値は、わずか0.1%で、6回以上連続で的中させることは、理論上(統計上)ほぼ不可能なレベルだということです。

 

たまたま奇跡的に幸運が重なり、高めのオッズが連続で的中して資金が爆発的に増えた・・・という事象も、まれに起こることがあるかもしれません。

 

しかしそれは、もはや狙ってできるような次元の話ではない、まさに「運頼み・神頼み」的で、再現性のない事象ですので、アテにすべきではないでしょう。

 

 

 

新しい転がし馬券革命で
毎週プラス回収を目指す

 

 

転がしにおいては、的中率が高く、かつ、配当も高い、というのが最も理想的な形ですが、前述したとおり「あちら立てれば、こちら立たず」で、的中率を高めようと思えば、必然的に配当(オッズ)は低くなり、狙う配当(オッズ)を高めようと思えば、必然的に的中率は低くなります。

 

KEIBARSでは、この問題をどのようにクリアすればいいのか?ということを長年研究し、転がしにおける最終的な理想形である「的中率が高く」かつ「狙い目の配当(オッズ)も高い」という状態を、戦略的に作り出してしまう手法(ノウハウ)の開発に成功しました。

 

そのガイドラインをここで簡単に紹介すると・・・

 

KBS馬券情報(厳選1鞍勝負馬券情報/波乱レース版)

購入馬券:3連複
的中確率:71.2%
レース毎の購入点数:100点以内
的中時の平均回収率:208%

 

※KBSとは、KEIBARS(ケイバーズ)の略語も兼ねた、Korogashi Baken System(転がし馬券システム)の頭文字をとった造語です。

 

このようなパフォーマンスを生み出すことが可能な、転がし馬券システムです。

 

この転がし馬券戦略における平均的中率から導き出した連続的中確率は以下の通りです。

 

 

この表を見ると3連続的中くらいまでは十分狙える範囲だと思いますが、このKEIBARSの転がし馬券戦略における「転がしのスタンダードルール」は、2回連続的中(転がしの実施は1回のみ)でリセットするという方式を採用しています。

 

なぜ1回しか転がさないのかというと、KBSでターゲットとしている厳選勝負レースでは、単複馬券よりも配当が高く高配当も飛び出すことが多い「3連複」で投資するので、1回の成功でも十分な利益を得ることができるからです。

 

これを先ほど紹介した「一般的な転がし対象馬券」と比較してみましょう。

 

 

KBS馬券情報は、1.1倍の複勝狙いと同等(またはそれ以上)の的中率を誇り、2倍以上の複勝狙いと同等(またはそれ以上)の回収率を誇ります。

 

つまり「あちら(的中率)を立てながら(高めながら)、こちら(回収率)も立てる(高める)」ことを可能にした馬券システムだということです。

 

 

 

ただしデメリットもあります

 

 

一般的な単複馬券による転がしは、基本1点買いなので、的中すれば必ず利益が出ます。

 

一方、KEIBARSの転がし馬券システム(KBS)は、複数点買いのため、的中しても低配当だった場合、トリガミ(的中してもマイナス収支)が生じるケースもあります。

 

この「トリガミ」がKBSにとって唯一のデメリットだと言えるでしょう。

 

ただ、従来の転がしとは異なり、KBSは的中率と回収率の両方を高めることができる馬券戦略であるため、たった一度の転がし成功でも資金を大きく増やせる可能性を秘めています。

 

一般的な転がしは、数回連続して的中させる必要があるため、緻密でハイレベルな予想能力が求められ、かつ、転がしの止め時ルールなどをしっかりと設定する必要があります。

 

基本的に転がしというのは、たった一回の不的中でそれまで増え続けてきた資金のほとんど(または全て)を失ってしまうという、オールオアナッシング(0か100か)の手法です。

 

転がしというのは何の戦略もなしに行えば、単なる「ハイリスクハイリターン」の典型でしかなく、ほとんどの場合失敗に終わります。

 

一方、KEIBARSの転がし馬券システムは、均等買いを続けながら、転がしのチャンスが到来したタイミングで、転がしを実行するという「均等買い×転がし」の融合戦略ですので、従来の転がしのようなオールオアナッシングの手法ではない「ローリスクハイリターン」の手法です。

 

転がしのチャンス到来とは、パチスロに例えれば「リーチ目」が出た状態の時と同じように、大儲けできる可能性を秘めた瞬間で、このタイミングをうまく捉えることができれば、一気に資金を増大させることができます。

 

もちろん、毎回毎回都合よく転がしが成功するとは限りません。

時には不的中に遭遇したり、的中してもトリガミになってしまったりすることもあります。

 

しかし、KEIBARSの転がし馬券システムにおいては、転がしのチャンス到来は頻繁に訪れるため、きっと、毎週の競馬開催が待ち遠しくなり、ドキドキワクワクする時間が増えると思います。

 
 

1日厳選1鞍「転がし馬券革命」
情報提供内容

 
 
本サイトで紹介している1日厳選1鞍「転がし馬券革命」は、「情報配信版」「馬券ロジック伝授版」の2パターンで、以下3つのコンテンツを提供します。
 
情報配信版のほうでは、レジまぐから発行しているメルマガで3種類のコンテンツを配信。馬券ロジック伝授版のほうは、信頼度リストの作り方・勝負レースの決め方・馬券の組み方などの手順を全て、文字通り「馬券ロジック」そのものを公開します。
 

コンテンツ①

日刊コンピ指数1位/全レース信頼度ランク・レース傾向リスト&信頼軸馬情報

日刊コンピ指数1位の信頼度を4段階(S・A・B・Cランク)で表記した全レースリストの配信と、信頼度ランクS・Aレースの軸馬情報を配信します。(※馬券ロジック伝授版のほうでは信頼度ランクの決め方・レース傾向チェック方法などのロジックを提供)

 

<日刊コンピ指数1位/全レース信頼度ランク・レース傾向リストサンプル>

 

 
<参考データ>

 
 

コンテンツ②

1日厳選1鞍勝負馬券情報(堅軸レース版)
全場全レース(※14頭立て以上)の中から軸馬の信頼度が最も高い一強ヒモ荒れレースを対象とした1日厳選1鞍勝負馬券情報(堅軸レース版)を配信します。(※馬券ロジック伝授版のほうでは対象レースの決め方・買い目決定方法などのロジックを提供)
 

【投資対象】:全場全レースの中から軸馬の信頼度が最も高い一強レース
【馬券種別】:3連複/3連単
【購入点数】:3連複36点/3連単216点
【購入方式】:軸1頭ながし(3連単はマルチ)
【1日予算】:3,600円(3連単で購入される場合は21,600円)
【配信時間】:開催当日の9時30分までに配信
【補足事項】:新馬・障害レースは対象外/見送り日あり
【補足事項】:レースの選択にはコンテンツ①の信頼度ランクリストを使用しています。
【補足事項】:1日厳選1鞍勝負馬券(堅軸レース版)の詳細についてはこちらの記事を参照ください。
 
 

コンテンツ③

1日厳選1鞍勝負馬券情報(波乱レース版)
全場全レース(※14頭立て以上)の中から、レース傾向が「大波乱」「超波乱」判定で、かつ、コンピ1位馬の信頼度ランクが「C」のレースを対象とした1日厳選1鞍勝負馬券情報(波乱レース版)を配信します。(※馬券ロジック伝授版のほうでは対象レースの決め方・買い目決定方法などのロジックを提供)
 

【配信対象】:全場全レースの中から最も高配当が出る確率の高い波乱レース
【馬券種別】:3連複
【購入点数】:100点
【購入方式】:フォーメーション
【1日予算】:10,000円
【配信時間】:開催当日の9時30分までに配信
【補足事項】:新馬・障害レースは対象外/見送り日あり
【補足事項】:レースの選択にはコンテンツ①の信頼度ランクリストを使用しています。
 
 
 

◆ 馬券ロジック伝授版で必要なツール・ランニングコスト他

 
馬券ロジック伝授版を購入される予定の方は、以下のツールが別途必要になりますのでご確認ください。
 
<予想スタイル>
前日予想型
※原則、前日に全ての作業(レース選択と買い目出しから投票まで)が終了しますが、開催当日に出走取り消しを確認してから投票されることをお勧めしています。
 
<必要媒体・ツール>
日刊コンピ指数(月額800円+税)
JRA-VAN NEXT(月額800円+税)
競馬ブックWebライト(月額1,000円+税)
電卓(計算機)
 
<月々必要なランニングコスト>
2,600円(税別)
 
<買い目出しまでの所要時間>
1レースあたり約5分程度
 
< 馬券ロジック提供方法 >
動画形式・PDFファイル・電子メール等での提供となります。
 

◆ 情報料金(商品価格)・決済方法

 
<情報配信版>
月額料金:9,980円(税込)
決済方法:銀行振込/クレジットカード/レジまぐポイント
※レジまぐが決済を代行します。
 
<馬券ロジック伝授版>
商品価格:11万円(税込)
決済方法:銀行振込/クレジットカード(PayPal)
※振込先は「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」から選べます。
 
分割払いをご希望の方へ(対象:馬券ロジック伝授版)

PayPalのクレジットカード決済は原則1回払いですが分割払いにも変更できます。お支払い完了後にお客様がご利用のクレジットカード会社のカスタマー・サービスセンターへお電話・インターネットなどでご連絡いただき、お支払い方法の変更をお申し出いただくことにより、決済後に分割払い・リボ払いに変更する事が可能です。詳細については各クレジットカード会社のホームページをご確認下さい。

 

<分割払い・リボ払いの例>
三井住友VISAカード(あとからリボ)
JCBカード(利用後リボ払い)
分割払い・リボ払いにともなう手数料・利息等についてはお客様でご負担ください。
 
 

情報配信版の申し込みはこちら

馬券ロジック伝授版の申し込みはこちら

 

以下によくある質問と、その回答を掲載しておきます。

他に質問があればこちらの問い合わせフォームから質問をお送りください。

 

 

 

Q&A/よくある質問と回答

 

Q.サイトに記載している馬券成績は嘘・偽りないものですか?

馬券成績に関しましては、SNSが発達している今の時代、ひとつでも虚偽の成績を掲載してしまえば、即、会員の方から内部告発され、ネット上に晒され、すぐにバレてしまいます。多くの競馬情報サイトでは、的中した馬券だけ公表したり、トータル的な成績を公開していないところも多いですが、KEIBARSでは、的中した馬券も、そして、不的中だった馬券も全て嘘偽りなく掲載しています。

 
情報配信版のほうでは、日本最大級の競馬情報ポータルサイト「レジまぐ」のメルマガ配信システムを使って情報配信しています。
 
既にレジまぐを利用している方もいると思いますが、レジまぐのシステムは、公開した買い目の的中率や回収率などの数値を一切ごまかせない仕組みになっていて、健全に競馬情報コンテンツを配信している人間と、信頼の置ける情報を受け取りたいユーザー双方にとって、非常にありがたいシステムを提供してくださっています。
 
以下はレジまぐのサイトポリシーからの抜粋です。
 
<↓ここから↓>
競馬のレジまぐが、他の予想サイトより優れており、大勢の競馬ファンに支持されている大きなポイントは、なんといっても公開されている数字の信ぴょう性にあります。ネットを検索していると、きっと見たことがあると思いますが、「的中」や「回収率」を、本当は当たっていないのに、運営サイトが勝手に載せていて、誰もその信ぴょう性を担保していないあやしい競馬予想サイトが世の中にはたくさん存在しており、苦い思いをされた方も少なくないことでしょう。競馬のレジまぐでは、各予想家が、予想登録時に、レジまぐのシステムを使って、予想を入力します。的中判定や、的中率、回収率などの計算は、レース終了直後に、レジまぐのシステムが自動的に判定し、集計までおこなっているため、公開されている数字は、全て、実際に配信された予想であり、数字の信ぴょう性は、レジまぐのシステムが担保しています。配信後に情報を書き直すこともできないことから、購読者の皆さんには、正確で公正な数値のもと、安心して予想を選び、ご購入いただくことができるようになっています。強者揃いの予想家の中で、大勢の読者に支持されている予想が一目でわかるランキングも整備されていますので、是非、ゆっくりと、自分好みの予想商品を探されて見てはいかがでしょうか。
引用元:レジまぐ公式サイト
<↑ここまで↑>
 
「どうせ成績なんて都合よく偽装してるんでしょ」と疑う人も中にはいますので、レジまぐのように客観的な信ぴょう性が担保され、正真正銘偽りのない成績が公開できる場所も利用しながら馬券情報を配信しています。

 

Q.情報配信版を利用した場合、配信スタートはいつからですか?

決済の確認が取れ次第、登録完了メールをお送りさせていただき、その週の土曜日から情報配信を開始させていただきます。

 

Q.馬券を購入する際は買い目のオッズに応じた資金配分が必要ですか?

全通り均等買いですので資金配分の必要はありません。

 

Q.パソコンを持っておらずスマホしか持っていないのですが、情報配信版を利用するのにパソコンやプリンターは必要でしょうか?

全てスマホからも閲覧いただけるようになっていますのでパソコンやプリンターをお持ちでなくても大丈夫です。情報を受け取るメールアドレスとネットを閲覧できるスマホ(またはタブレット)をお持ちであれば必要十分です。

 

実際にスマホで情報を受け取られている方も多くいらっしゃいます。ただし、信頼度ランクリスト等はPDFファイルでの提供となりますので、お持ちの携帯端末でPDFファイルを閲覧できるかどうかを事前にご確認ください。

 

PDFサンプル ←スマホでアクセスされている場合はPDFサンプルをタップしてスマホからPDFファイルが閲覧できるかご確認いただき、もし閲覧できない場合は以下よりPDFファイルリーダーをインストールしてください。 Adobe Acrobat Reader(無料)

 

Q.分からないこと、教えてほしいこと、相談したいことがあった場合、どうしたらいいですか?

何か分からないことや、困ったこと、相談事などありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。問題解決できるようサポートさせていただきます。なお、他の方々にも役立つ質問内容だと判断した場合は、事前に了承をいただいた上でシェアさせていただきます。

 

私たち運営者側や利用者様にとってもQ&A自体が有益なコンテンツのひとつとなりますので、質問や相談事はむしろ大歓迎なことだと思っています。

 

 

 
 

会員様から寄せられた声はこちら

 

情報配信版の申し込みはこちら

馬券ロジック伝授版の申し込みはこちら

 
 
追伸
「馬券ロジック伝授版」は、よくある買い目の配信ではなく、文字通り、KEIBARSが開発した競馬予想方法、馬券システムのロジックを伝授する目的で制作しているコンテンツです。
 
中国の格言で「授人以魚、不如授人以漁」いう言葉がありますが、これを日本語に訳すと「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」という意味になります。これは「人に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし、人に釣りの方法を教えれば、その人は一生涯食べていく事ができる」と言う、中国における偉大な賢者である老子が言ったとされる言葉です。

 
KEIBARSでは、レジまぐを通じて「買い目の配信」も行っていますが、買い目の配信というのは、ここでいう「魚を与える行為」でしかありませんので、極論、私たちが配信活動を終了してしまえば、それ以後、読者様には何も残りません。しかし「魚の釣り方を教える行為」(自力で儲かる買い目を組み立てることができる方法論の伝授)を行うことで、今後私たちが活動を休止・終了したとしても、方法論を伝授された方々は、その後も自力で魚を釣ることができる(つまり、自力で儲かる買い目を組み立てることができる)ようになります。
 

その「魚の釣り方を教える行為」にあたるのが、「馬券ロジック伝授版」です。長い目で見た場合、「馬券ロジック伝授版」は買い目配信以上に価値のある情報提供になるということを、これまで私たちKEIBARSが3年以上情報提供をしてきて感じていることです。ですので、今後は「魚の釣り方を伝授する行為」=「方法論(ノウハウ)の提供」にも力を注いでいこうという運びとなったわけです。一度手にすれば、一生涯使い続けることができるものですので、ぜひこの機会に手にしていただければと思います。
 
 

情報配信版の申し込みはこちら

馬券ロジック伝授版の申し込みはこちら

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー | 利用規約